フォークリフトのレンタルで雪かきも可能になる

フォークリフト

フォークリフトのレンタルで雪かきも可能になる

フォークリフトはカウンターバランスタイプとリーチフォーク、ウォーキーと種類があります。
カウンターバランスタイプは前方のフォーク、マスト後方のカウンターウェイトでバランスを取る主流のタイプです。
リーチフォークはフォークが前後に動いて電動や立ち席のものが多く、ウォーキーは電動手押しタイプです。
フォークリフトを運転するときには免許が必要です。
最大荷重1トン未満の場合には特別教育、1トン以上の場合には運転技能講習が必要です。
ナンバー付で公道を走行する場合には、小型特殊自動車や大型特殊自動車といった運転免許が必要となり、公道で作業をすることができません。
公道で走行や作業をしない場合には車の運転免許は必要ありませんが、資格は必要です。
受講資格は規定がないため何歳でも受講は可能ですが、運転は満18歳からです。
フォークリフトは雪かき用のバケットをつけると雪かきに役立ちます。
人力で雪かきするよりも断然早く、腰痛に悩むことなく作業をすることができますが、レンタルで借りることができますが資格が必要です。

雪かき用のバケットは1トン系や2トン系に取り付けることができ、装着可能なツメは長さが920ミリまたは1070ミリです。
ただし、雪かき用のバケットは雪かき以外の用途以外に使うことができません。
レンタルは1日という短期間から1年以上の長期間まで使用頻度に合わせて利用することが可能です。
ただし、急な降雪や降雪量が多く、多くの人がレンタルを希望する時期もあり、借りれないまたは待たなければならない場合もあります。
借りる業者を選ぶときには、補償がしっかりついているところがおすすめです。
PCS総合補償制度といい、対人・対物賠償補償と動産総合補償の2つを受けることができる制度です。
万が一の事故のためにも補償体制がしっかり整っている場所を選ぶようにします。
他にも業者の選び方として、指定場所まで納車をしてくれるところを選ぶと、わざわざ受け取りに行く手間や専用車両を用意する手間を省くことができます。